忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2017.04┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME前項現在のページ次項
2017-04-26-Wed 07:15:00 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-05-18-Tue 18:00:05 │EDIT
Bernie helping HRT with 2011 plans - Kolles [Motorsport.com]

来季の展望を語っていながら周りからは今季中での撤退も噂されるHRT、代表のC.コレスはB.エクレストンが支援をするという報道を認めています。
現在チームは、ダラーラとの契約を終了、2011年向けの完全自製新車のための風洞使用契約について動いています。
「我々が新チームだという視点に立った予想でも、我々の競争力は十分ではない。我々は将来に向けた解決策を練っている。」とコレス。
「我々は楽観的で、バーニーがよりよい2011年に向け助けてくれている。」
「チームはシーズンを戦い切る。そしてすでに来季の計画もしている。」
報道では、現在のマシンを酷評したコンサルタントのG.ウィリスが、2011年の野心的技術計画により、チームに残留するようだとされています。
PR
2010-05-18-Tue 17:52:47 │EDIT
Media, pundits divided over Schumacher penalty [Motorsport.com]

F1メディアや専門家、モナコGP最終周でのミハエルによるアロンソ追い抜きに関して意見が分かれています。
スチュワードは、「SC先導でレース終了の際は、最後にSCがピットレーンに退避、各車そのままの順位を保ってチェッカーを受けなければならない」としてミハエルにペナルティを科しています。
しかし、実際に「トラッククリア」とモニター表示され、フラッグもレース再開のグリーンが振られ、グリーンシグナルが点灯。
元F1ドライバーM.ズラーは、「グリーンフラッグだったから、スチュワードがミスをしたと考える。」と独通信社に話します。
伊メディアはミハエルにそれほど同情的ではなく、トゥットスポルト紙は「彼は規則を知るべきだ。」と書いています。
エプシロン・エウスカディのJ.ヴィジャデルプラットは、ミハエルは「とんでもないミスをした。」とエルパイス紙に書いていますが、ドイツ人元F1ドライバーC.ダナーは「ミスはグリーンフラッグを振ったFIAの方だ。」と話しています。
抜かれたアロンソは、あの時「すぐに(ミハエルがペナルティを受けると)確信した」と発言、「それが彼を前に活かせた理由だ。」としています。
他には、ブエミがチームからポジションキープを命じられたことをスイス紙に話しています。
「チームがリウッツィを攻めないよう言ってきた時には、グリーンフラッグが振られていたから驚いたよ!」

あの時のアロンソの動きって、必死にポジション守ろうとして後ろ振ってたように見えた・・・
まぁ、実況解説が「SCラインからフィニッシュラインまでの短距離レース」で煽ってたってのもあるんだけど。
2010-05-18-Tue 17:38:59 │EDIT
Teams to discuss spare car revival - Domenicali [Motorsport.com]

フェラーリのS.ドメニカリ、スペアカー復活の可能性について話しています。
モナコGPでは予選前のP3でアロンソがクラッシュ、マシン修復できずにその後の予選に参加できませんでした。
スペアカーの使用は、数年前にコスト削減の一貫で禁止されています。
ドメニカリはコスト削減については同意しますが、「一方で失うものもある。」とします。
「予選においてスター選手が参加しないことで、観客を楽しませることなしにしたままではいられない。」
「我々は規則を変更できるかどうか、他のチームと議論をするつもりだ。」
「決められたことは何もないが、私はこれがすぐに行われることを願っている。」

物は言い様だなぁ。
「観客のため」と言いながら、実際はモナコでのことが痛かったと感じて(スペアモノコックあっても、アロンソの場合は間に合わなかったと記事中にあるけど)、その上うまくいけば新規参戦チームを物量作戦的に振るい落とせるって腹の中では。
これ以上書くと、毎度毎度のFOTA8批判になるので省略。
2010-05-18-Tue 11:13:26 │EDIT
Hill – I acted properly and correctly [automoto365]

モナコでドライバー経験スチュワードを務めた1996年ワールドチャンピオンD.ヒル、対ミハエルの裁定に動いたのではと言われますが適切で正しいことをしたとしています。
ミハエルはSC下の最終周アントニーノーズで、SCがピットに入ったため前走のアロンソを抜き一旦は6位を手にしていました。
しかし規則では、SCが最終周に導入されている場合にSCはチェッカー前にピットに退避、後続各車は順位を変えずにチェッカーを受けなければならないとされています。
ヒルは、「私は全く適切で正しいことをしたと話した時、ほとんどの人が信じてくれたことを知っている。しかし、一部には私に先入観がありそれで判断したと糾弾するものもある。おそらくドライバー経験者はスチュワードそのものとしてよりも、スチュワードの相談役として職務を行うのが適切なのかもしれない。」と話しています。

ミハエルが競技審査委員室に入った瞬間に苦笑いしたって(笑)
2010-05-17-Mon 23:48:37 │EDIT
Barrichello plays down steering wheel toss [Motorsport.com]

バリチェロのステアリング放り投げ・HRTマシンが轢いたことについて。
ボーリバージュを駆け上がるところでバリチェロのマシンに技術問題が発生、スピンしてウォールにクラッシュ、そこでステアリングを投げています。
このステアリングはHRTマシンが轢く形となっていました。
バリチェロ関係では、昨年のハンガリーGPでマシンから外れたスプリングが後ろを走っていたマッサに直撃する事故が起こっています。
加えて規則では、走行できなくなったクルマから離れる際にはステアリングを再接続させることになっていて、今回のバリチェロはこれを履行していないことになります。
これについてバリチェロは、「出来るだけ速くクルマから降りるためにステアリングを投げた。クラッシュでクルマはコースの良くない側にあり、クルマからは火が出ていた。」と主張しています。
P.ヘッドはバリチェロを擁護、「120kmのコーナーで止まったら、誰もが出来るだけ速くここから離れようと考えるはずだ。」としています。
2010-05-17-Mon 20:47:23 │EDIT
F-ducts back on teams' agendas for Turkey [Motorsport.com]

モナコでFダクトを使用しなかったフェラーリは曲がりくねったコースで効果が薄いためとしていましたが、同様に使用しなかったBMWザウバーの理由は異なっていました。
P.ザウバーは、安全性の理由からと説明、「我々のドライバーに、両手でステアリングを握ってトンネルを通過してほしかったからだ。」と話しています。
「1994年にK.ヴェンドリンガーの事故があってから、私はこの場所を重く考えている。」
BMWザウバーのFダクトは、フェラーリと同じでドライバーの左手で穴を塞ぐことで機能させています。
一方、膝で操る形式でモナコでも使用したマクラーレンのハミルトンは、モナコでは百分の数秒の効果に過ぎないと認めています。
次戦トルコではフェラーリが使用を再開、レッドブルが試験採用に入ると見られます。
2010-05-17-Mon 20:39:05 │EDIT
Williams admits losing Webber 'a mistake' [Motorsport.com]

F.ウィリアムズ、ウェバーを2006年限りで失ったことは失敗だったと認めています。
ウェバーは2005-06年までウィリアムズに所属するも、失望のシーズンを過ごしレッドブルに加入していました。
「我々がミスを冒したと言うかも知れない。我々のクルマは酷いものだった。そして我々は彼もその問題の中の一部分ではないかと考えた。だから彼は2007年に向けての我々の第一選択ではなかった。」
P.ヘッドも、自身とウィリアムズが07年にウェバーを高い年俸で継続起用するのはきが重かったことを認めています。
「彼の年俸に彼が見合わないというわけではないが、あの時我々は主要スポンサーを失い、商業的に非常に苦しい時を過ごしていた。」

そうか、ウェバーは07年からだから、今年でレッドブル4年目なんだなぁ。
クルサードはこの4年目で引退、ウェバーは延長っぽいから、現役ドライバーとしての所属年数超えるんだ。
RB3(2007年)のストライプ入ったレーシングスーツのクルサード・ウェバーの後姿カッコよかったなぁ。
2010-05-17-Mon 18:56:10 │EDIT
McLaren mechanic keeps job after Button failure [Motorsport.com]

バトンのモナコGPリタイアと原因となった人的ミス、そのミスをしたメカニックは職務継続。
グリッド上でメカニックが冷却栓をサイドポッドから外すのを忘れたため、バトンのエンジンはオーバーヒートしていました。
「最善を尽くそうとしている時にミスをしてしまうと、大きく落胆してしまう。」とM.ウィットマーシュ。
バトンは初め怒りを見せていたものの、「外すのを忘れたメンバーはかなりガックリ来ただろう。私は彼を気の毒に思う。我々は皆、ミスをしてしまうものだ。」と話しています。
2010-05-17-Mon 18:00:39 │EDIT
Tyre choice between Pirelli and Michelin [autosport.com]

フェラーリのS.ドメニカリ、2011年タイヤ問題について選択はピレリかミシュランのどちらかだと認めています。
モナコでの会談では結論が出ていませんでした。
ドメニカリは、エイボンとブリヂストンの可能性は減少したとし、「まだ結論が出ていない。週が明けてかその次の週に解決策を見出せるだろうと考えている。可能性はミシュランかピレリだけだ。他のどんな選択肢もない。」と話しています。
モナコではピレリが本命視されましたが、ミシュランのオファーも十分魅力的にチームには映っています。
ルノーのE.ブーリエは、時間をかけないことが重要とし、「もしあまりに時間がかかれば技術的な準備が出来なくなる。解決はトルコまでになされるべきだ。」と話します。
2010-05-17-Mon 17:52:00 │EDIT
Victories set to secure Webber's future [autosport.com]

ウェバーによる完璧な2週連続開催2連続ポールトゥウィン、これでウェバーは自身の来季を確実なものにしたように見えます。
ウェバーが選手権トップに立った週末、チーム代表のC.ホーナーはウェバーのマネジメントと今季末で切れる契約の延長話し合いについて明らかに。
「私はチームにおける力関係、バランスに非常に満足している。我々が変化をする理由は何もない。」とホーナー。
もしウェバーが来季を確実なものにすれば、ライコネンのF1キャリアはほぼ終わりとなりそうです。
ライコネンにとっては、レッドブルが唯一の現実的F1復帰の選択肢です。
「我々はマークのパフォーマンスに非常に満足だ。」
ウェバーとの契約はまだなされていませんが、数週間以内で整理されるとホーナーは考えています。
「過去数年、契約交渉は5月終わりから6月初めに開始されてきた。」

チームがウェバーのことを考えていることが分かっただけでもよかった。
2010-05-07-Fri 03:48:55 │EDIT
Klien does not have F1 super license [Motorsport.com]

山本左近と同じHRTテスト・リザーブドライバーになり、金曜日のフリー走行で走ることになっているクリエン、スーパーライセンスを所持していません。
最初のセッション開始まで14時間を切りましたが、クリエンはピットレーンから出るためのFIAによる書類を持っていないことが明らかに。
チーム代表のC.コレスは、「契約にサインされない限り、我々はスーパーライセンス発給を求めることも出来なかった。」と話しています。
「全く持って非常にギリギリの状況だ。」
コレスは金曜朝までに問題が解決することを願っていると話しています。
2010-05-07-Fri 01:49:03 │EDIT
Ferrari remove bar code from livery [PlanetF1.com]

フェラーリ、マルボロの広告ではないかとの批判に反論していたバーコードをスペインGPから除去することを発表。
「フィリップモリスとともに我々は、スペインGPから我々のクルマのカラーリングに変更を加えることを決めた。」
「この決定は、決してタバコブランドを意図してのものではないいわゆる「バーコード」に対するあらゆる懸念・推測を取り去るために採られたものだ。」
「これによりくだらない話は終わりにして、根拠のない主張よりもより重要なことに集中していく。」

数年かけて作っていた既成事実・理論武装をあっさり取り下げてしまった格好か。
2010-05-06-Thu 23:04:28 │EDIT
Mercedes to run radical engine cover [autosport.com]

メルセデスGP、かなり攻めたエンジンカバーを持ち込んでいます。
ホイールベース延長が明らかになっていたメルセデスGPは、他にも空力改良を行っています。
ドライバー頭上の空気取り入れ口が後方に移動し、左右に分割、ロールフープ先端は非常に薄い形状になっています。
また、中国GPで導入したFダクトの最新版が搭載されていると思われます。
チームは先週、ロッキンガムでの撮影日の間に改良されたマシンのシェイクダウンをミハエルの手で行っています。
2010-05-06-Thu 21:19:18 │EDIT
Schumacher struggle affecting merchandising, sponsorship [autosport.com]

ミハエルの苦戦、これが関連商品販売やスポンサー契約に影響を与えているようです。
S.ケームにマネージャー職務が受け継がれましたが、今もミハエルの個人スポンサーや商品に関して管理しているW.ウェバーが認めています。
「販売は、当初期待していたほどではない。」
「過去にはフェラーリキャップで一杯だったが、今はメルセデスのキャップは片手で数えられるほどだ。」
またウェバーは、「子シューマッハ」とされるベッテルが今やドイツの本命だということを認めています。
「どこからどう見ても、ベッテルは新シューミだ。テレビ広告や看板広告で彼はナンバーワンだ。」
スポンサー契約についても同様にミハエル関連は厳しいとしながらも、F1全体でも厳しい状況であるとしています。

記事最後の言葉(笑)
2010-05-06-Thu 19:02:31 │EDIT
Warwick joins stewards' panel for Spain [autosport.com]

スペインGPでのドライバー経験者スチュワードは、D.ワーウィック。
ワーウィックは55歳、1981-93年までF1に参戦。
これまで4戦は、A.プロスト、T.クリステンセン、J.ハーバート、A.ブルツが務めています。
2010-05-06-Thu 18:02:15 │EDIT
Icelandic ash cloud threatens European skies again [Motorsport.com]

有名にもかかわらず発音が非常に困難なアイスランドの火山、再びF1世界の移動計画をかく乱するかもしれません。
水曜日、木曜日早くから、灰がヨーロッパ北部上空を再び流れると見られ、すでにイギリスのいくつかの空港では飛行が禁止されています。
ヨーロッパの航空交通ユーロコントロールは、ヨーロッパを介する数百の飛行が影響を受けることを認めています。
イギリスの民間航空局は、ロンドン利用とされる主な空港にまだ混乱はないとしながらも、アイスランドでは「火山噴火活動は数日間続く」といわれています。
ただ、フライアウェイの4戦を終え、ヨーロッパに帰ってきたF1は陸路での移動が主となり、影響は厳しいものにはならなそうです。
2010-05-06-Thu 17:49:59 │EDIT
De la Rosa doubts new Ferrari engines ready for Sauber [Motorsport.com]

デラロサ、フェラーリエンジンがFIAによって調整を認められましたが、その調整されたものがザウバーに今週末は用意されないと考えています。
これまでの4戦でフェラーリエンジンは信頼性の問題が見受けられ、調整許可が出され、フェラーリは「変更は、スペインで使われるエンジンから適用される。」としていました。
しかしデラロサは、「私はこれを大いに疑う。」としています。
ただこの次のGPではザウバーも調整済みエンジンを使用できると考えています。
2010-05-06-Thu 17:44:50 │EDIT
Huge motor homes absent in Barcelona paddock [Motorsport.com]

ヨーロッパラウンド開幕であり、モーターホーム最初の仕事となるスペインGP、レッドブル・メルセデスGP・フォースインディアのモーターホームが見られません。
通常、フライアウェイの数戦が終わった後のスペインGPは、各チームのモーターホームを最初に見る機会となっています。
しかし、今年のカレンダーでは来週にモナコGPが連続開催で組まれていて、スペインGP後に解体して輸送する時間が取れないため、レッドブルとメルセデスGPは代わりを用意しています。
メルセデスGPはDTM用のものを使用、レッドブルはテスト用モーターホームを使用。
スイス紙報道によれば、レッドブルの巨大なエナジーステーションはすでにモナコの港に停泊中のようです。
マクラーレンのメディアセンターはバルセロナでも見られますが、フォースインディアはトルコGPでの初登場となる予定。
2010-05-06-Thu 17:34:43 │EDIT
HRT to build own car for 2011 - Kolles [Motorsport.com]

HRTのC.コレス、今年はマシン製作をダラーラに外部委託していますが、来年向けマシンは自身で作ることになるとしています。
ダラーラによるマシンはチーム内部からも批判の声が出ていて、コレスはダラーラとの契約が終了していることを認めています。
また、間もなく風洞使用に関する発表がなされるものと思われ、これにより2010年のダラーラマシンの開発が出来るようになります。
コレスは、「次のステップとしては、我々が我々自身の開発プログラムを実行させることで、2011年向けのマシンを作ることだ。」と話しています。
「我々は出来る限りこのマシンを改良しようとするつもりだ。しかし、最終的には来年に集中しなければならない。」
「フォースインディアは5年でやった。我々は3年でそれをやろうとしている。」
さらにコレスは自身を未熟なチームに適任の人物としています。
「私は個人的にF1をやるほどの経済的余裕はない。だから、他の人々に私がその価値を創出する。ミッドランドや、スパイカー、モル家などに私はそうしてきた。チームは進展していたから、その都度より多くの金額で売却がなされていった。」
2010-05-03-Mon 17:45:19 │EDIT
Rookie lineup 'a disadvantage' for HRT - Kolles [Motorsport.com]

HRTのC.コレス、ルーキードライバーは不利な点だとしています。
「セナとチャンドックのやったことに満足しているが、F1経験のなさが不利であることを否定することもできない。」
ただ、新しく起用したスーパーアグリ・スパイカー・ルノーで経験ある山本左近でさえも、資金を持ち込んでいます。
「我々はロータスのように、トゥルーリやコヴァライネンのようなドライバーは雇えない。」
「我々は良いドライバーも獲らなければならないが、予算も確保しなければならない。」
PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/Page/5/
忍者ブログ[PR]