忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1Allies defend Mosley at Monaco

[PR]

2019-11-23-Sat 06:56:26 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Allies defend Mosley at Monaco

2008-05-23-Fri 16:45:01 │EDIT
Allies defend Mosley at Monaco [F1way.com]

モナコGP木曜記者会見はモズレー擁護の声。
会見に出席したのは、トロロッソのG.ベルガー、フェラーリS.ドメニカリ、レッドブルのC.ホーナー、フォースインディアからV.マルヤ、ウィリアムズのA.パー。
ベルガーは、「私はあれは完全に個人的範囲での行為だと思っている。突然、皆がクリーンにすばらしい人間になったみたいだね。」と話しました。
また、ベルガーは1994年サンマリノ以降のモズレーによる行動が、サーキット・マシン・市販車の安全性改善に大きく関係した賞賛されるべき行動としています。
「一つだけ言えるのは、スポーツに必要なのは強い人間、競争力のある人間、ビジネスを理解する強い人間が必要ということだ。明らかにマックスはそれを持っていて、できれば将来的にも我々は継続を希望する。それが私の言いたいことだ。」
C.ホーナーも、モズレーは多くのいい行動を起こしていたと同意しています。

だいたい「職務とプライベートは別だから職務能力に長けていればOK」vs「そうは言っても職務に伴って(プライベートでも)一定の行動規範は必要」なとこですかね。
盗撮での証拠ってどうなのかというのと、職務だプライベートだ関係なしに親父が元英ファシスト界重鎮なのにあの行為は論理的法的にはたとえ問題なしだとしてもどうなのよという話も出てきますが。
しかし、この木曜会見のメンバーはあまりにFIA寄りである意味感嘆するね。
ウィリアムズだけ例外っぽいけど、ウィリアムズは数年前の「GPMAvsコンコルド協定」でフェラーリ・レッドブルあたりと真っ先に協定側についたんだよなぁ。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/allies%20defend%20mosley%20at%20monaco%20
忍者ブログ[PR]