忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.09┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1Button, Alonso Back to Renault Formula One Team ?

[PR]

2019-09-19-Thu 20:28:21 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Button, Alonso Back to Renault Formula One Team ?

2007-07-07-Sat 19:54:52 │EDIT
Button, Alonso Back to Renault Formula One Team ? [Paddock Talk]

デイリーメールとDiario ASが、08年に向けルノーがドライバーラインナップを全面刷新すると報道しています。
デイリーメールは、バトンについて現在所属のホンダの問題から逃れるためにルノーに移籍するかもしれないとしています。
バトン自身は移籍を否定するものの、ルノーのP.シモンズがバトン歓迎の意を示しています。
Diario Asは、ブリアトーレがアロンソの復帰を強く願っているとしています。
ただ、アロンソに関しては08年からのフェラーリ移籍や、マクラーレンとの最低でも複数年の契約があることから08年は休暇するとの話も出ています。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
ホンダの問題点?
根本的に車が遅いってのはあるけれど…。
バトンは求心力・開発能力に疑問。アンソニーや琢磨のフィードバックは大きかったように思いますね。
中本STDもバトンのフィードバックがアテにならないらしきコメントを度々してましたし。
いろいろな制限の中にあって開発に使えるドライバーがいないのは厳しいでしょうね。
バトンはチームを引っ張って行く求心力も弱い。
ま、こちらはホンダの独自性との兼ね合いもあるけど、チームが低迷してる時にはドライバーの力は心強いもの。今までのバトンを見る限りでは“それ”は感じられないかなぁ…。
だからといって代わりもなかなか居ないのが現状だけど…。
CREAM2007-07-08-Sun 10:06:46EDIT
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/button-%20alonso%20back%20to%20renault%20formula%20one%20team%20-
忍者ブログ[PR]