忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1Coulthard: media wrong to slam McLaren

[PR]

2019-08-24-Sat 08:11:48 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Coulthard: media wrong to slam McLaren

2007-06-02-Sat 04:30:50 │EDIT
Coulthard: media wrong to slam McLaren [autosport.com]

1996年から2004年までマクラーレンに所属したイギリス人ドライバーD.クルサードは、モナコGPにおいてチームオーダーがあったとしてマクラーレンを批判したメディアは間違っていたと指摘。
FIAの判断が出た後、R.デニスやチームについて何かを言うことは不当だとイギリスメディアに思っています。
「イギリスメディアははっきりルイスが苦労させられたと感じている。しかし、マクラーレンは彼に機会を与えたから、彼らに辛く当たることはないだろう。」
「彼らは、今年イギリス人ワールドチャンピオンの可能性を示した。だから振り返らず、いいイギリス人ドライバーを潰すようなマクラーレンではないと理解するべきだ。」
「もしメディアがルイスにグランプリドライバーとして成長する時間を与えるなら、彼がよりよいドライバーになることに疑いはない。」
「チームオーダーが存在しないふりをすることもできるが、現実ではそれがグランプリチームを運営する重要な部分である。同じチームで2人のドライバーが争うこのスポーツに参加している瞬間から、ポイントを確かにするために命令なり決断なりを受け入れなければならない。」
「モナコでルイスに後ろでいることを頼むことが公正かって?私の答えは「そもそも何が公正なのか?」だ。彼は経験がない状態で、F1で最も成功したチームでドライブする機会を与えられているんだ。」
「人々はピットに彼を呼び込まなければ、位置が逆になったと推測している。しかし、モナコでそれは無理な注文だ。」
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/coulthard-%20media%20wrong%20to%20slam%20mclaren
忍者ブログ[PR]