忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1FIA reveals evidence that led to penalty

[PR]

2019-08-25-Sun 06:56:36 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FIA reveals evidence that led to penalty

2007-09-14-Fri 23:22:08 │EDIT
FIA reveals evidence that led to penalty [autosport.com]

FIAはスパイ事件の「新しい証拠」であるメールの記録を公開。
コフラン、デラロサ、アロンソの3人に関わるもの。
・3月21日
デラロサ→コフラン「やぁ、マイク。赤いクルマの重量配分を知っているかい?我々にとって重要になるだろうから、シミュレータで試すかもしれない。 P.S 明日シミュレータに乗る予定だ。」
コフランは返信したものの、この設定が十分試されることは無かったようです。
・3月25日
デラロサ→アロンソで、フェラーリマシンの重量配分小数点第2位までの数字を教える。
アロンソ→デラロサ「その重量バランスは驚くべきものだ。100%信頼できるのか分からない。だけど少なくとも注意はしておく。」
デラロサ→アロンソ「フェラーリからの全ての情報は信頼できる。元のチーフメカニックN.ステップニーから来たものだ。彼の現在の役職は分からない。彼はオーストラリアでキミが18周目にストップすると言った人物と同じ人物だ。彼は、我々のチーフデザイナーであるM.コフランと非常に仲がいい。彼もそれを話していた。」

こういった証拠は、少なくとも288のショートメッセージと35回の通話が2007年3月11日から7月3日までコフランとステップニーの間にあったことを示しています。

これらのことから、世界モータースポーツ評議会は以下の件が分かったとしています。
・コフランは数ヶ月に渡って情報を受け、多くの情報を持っていた
・この情報はマクラーレンの中のある程度の範囲(例えば、デラロサ、アロンソ)で広められた
・マクラーレン内部にあった情報は、技術的な機密情報だけでなく、秘密の戦略情報も含まれていた
・デラロサは情報をリクエストし、受け取り、シミュレータで試そうとしていた
・機密情報はアロンソと共有された
・機密情報をテストで使うため、マクラーレンの一部にはそれを使う明確な意図があった
・コフランの役割は、フェラーリの機密情報をパフォーマンスに影響させることができた


ハミルトンは知らされなかったのか、守られたのか。
まぁ、1年目だから前者か。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
分かってみれば
やはり真っ黒クロスケでしたね。
フェラーリの情報を有効活用してたし
何といっても重量配分を小数点第2位まで
正確にバレたら、
簡単にどれだけタイヤに荷重掛けてるのかとか労することなく分かってしまった
訳で…
Taros2007-09-15-Sat 14:41:07EDIT
Re:分かってみれば
そうですね~。
ただ、今回もまた「情報を利用した明確な証拠」はなかったようですが。
結局、状況証拠から情報を利用できる可能性はあったと思われる、な感じでの判断ですし(シミュレータでの使用もハッキリしないし、テストでの情報利用も「意思があった」程度ですし)。
フェラーリの意図を汲みつつも、断定は出来ないんでこんなところかな的判断だったように思います。

シーズン終わって一番スッキリする結果というのは何回か書いてきましたけど、フェラーリドライバーが自力でチャンピオンになることだけなんですけどね・・・
コンストは見事にフェラーリの希望がかなって確定しちゃいましたから。
kyobito│2007-09-15-Sat 15:15
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

F1 マクラーレンスパイ疑惑の証拠
マクラーレンの2007年コンストラクターズポイント剥奪&罰金1億ドルというこの制裁ネタの根拠と言うか証拠が発表されました。 決定的根拠はやはり電子メール。下のリンク先でメールのやり取りの一部が公開されています。 内容を総合すると・・・アロンソとデ・ラ・ロサがマ...
VAIOちゃんのよもやまブログ2007-09-16-Sun 12:12:33
PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/fia%20reveals%20evidence%20that%20led%20to%20penalty
忍者ブログ[PR]