忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2017.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1Mercedes can expect 'fair' punishment - Ecclestone

[PR]

2017-08-21-Mon 00:28:16 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Mercedes can expect 'fair' punishment - Ecclestone

2009-04-28-Tue 17:51:21 │EDIT
Mercedes can expect 'fair' punishment - Ecclestone [F1way.com]

B.エクレストンは、明日世界モータースポーツ評議会で出されるマクラーレンへの判断が公正なものであると確信しています。
明日4月29日、WMSCはマクラーレンのオーストラリアGPに関わる数多くの偽証についての判断を下します。
先週末、メルセデス・ダイムラーのDieter Zetscheは「不合理な罰は我々のF1への関わりを再考させる」との警告をしています。
しかし、マクラーレンへの処罰は数戦の出場停止、巨額の罰金、選手権除外といった罰にはならないだろうとの見方が大きくなっています。
バーニーは、「私は彼らがF1撤退をするとは考えていない。悪いことした者が罰せられるだけのことだからだ。非常に公正なものになると考えている。」と話しています。
噂ではポイントマイナス、ハミルトンの1戦出場停止が取りざたされていて、スペインの報道ではP.デラロサがスペインGP出走に向け準備しているとされています。
以前にマクラーレンに所属したクルサードはマクラーレンへの処罰に反対していて、「彼らのカードにはすでに印が付けられ、彼らの評判は失墜した。それでもさらなるし罰を見る必要があるのかい?」と話しています。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/mercedes%20can%20expect%20-fair-%20punishment%20-%20ecclestone
忍者ブログ[PR]