忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1Renault vow 'transparency' for spy probe

[PR]

2019-08-19-Mon 05:21:52 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Renault vow 'transparency' for spy probe

2007-11-09-Fri 17:46:18 │EDIT
Renault vow 'transparency' for spy probe [Home of Sport]

昨日、12月6日の世界モータースポーツ評議会に違法にマクラーレンの情報を所持していたとされ召喚されることになったルノーの反応。
「この件が明るみになってから、我々は完全な透明性を持ってFIAとマクラーレンに対応する。そして、これを続けていく。」
2006年9月から2007年10月の間、ということでアロンソにも関係する可能性がありますが、アロンソ広報は「法的理由」からコメントをしていません。
報道では、Phil Mackerethがマクラーレンの情報を3枚のディスクに記録してルノーに持ち込んだとされています。
この件でアロンソの復帰にも影響があるかもしれません。
またデイリーテレグラフは、ルノーのF1参加が断続的な監視下におかれたり、罰金が科されるかもしれないと報じています。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

今度は、ルノーがスパイ容疑でFIAから調査を受ける
今度はルノーがスパイ容疑です。12月に行われる世界モータースポーツ評議会の公聴会に出席するようにFIAが正式に要請しました。 その容疑は、マクラーレンが2006年と2007年に使用したクルマの燃料システムやギア部品、燃料冷却システム、ハイドロリックコントロールシステム、新型のサスペンション部品の詳細が含まれている図面を不法に所持していたとかいうものだそうです。 容疑が「クロ」と断定されれば、ルノーにはマクラーレンに科された処罰――1億ドルの罰金と2007年コンストラクターズ選手権からの除外――と同様の...
Motohiroの本音トーク2007-11-10-Sat 09:57:44
PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/renault%20vow%20-transparency-%20for%20spy%20probe
忍者ブログ[PR]