忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1South Africa getting serious about F1?

[PR]

2019-08-22-Thu 10:31:44 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

South Africa getting serious about F1?

2008-12-02-Tue 19:37:42 │EDIT
South Africa getting serious about F1? [GrandPrix.com]

南アフリカの新聞報道で、南アフリカにF1開催を呼び戻すために新会社GP Motorsportが設立されたとされています。
南アフリカでのF1開催の歴史は古く、1962・63・65年にイーストロンドンで、1967年から85年と92・93年はキャラミで開催されています(81年は開催せず)。
新会社は地元ハウテン州政府が一部所有していて、2ヶ月前に州首相に就任したPaul Mashatileは、今年1月ルノーF1を支援する動きを見せていました。
結果として夏にはルノーF1ロードショーがヨハネスブルクで行われ、N.ピケJr.とL.ディグラッシがF1マシンドライブを披露、6万人の観衆を集めています。
キャラミが2月にA1GP開催(開催は数年あると見られる)する裏側にもMashatileがいた模様。
これらの計画すべてはハウテン州への投資と観光目的地化を狙ったものです。
また、H.ティルケが先月訪問し、3日間をキャラミ近くの廃止された採石場を見るのに使ったという話もあります。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/south%20africa%20getting%20serious%20about%20f1-
忍者ブログ[PR]