忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1Where should F1 races be held?

[PR]

2019-08-24-Sat 08:23:20 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Where should F1 races be held?

2008-02-14-Thu 19:47:36 │EDIT
Where should F1 races be held? [GrandPrix.com]

イギリス国内のスポーツだったサッカー・プレミアリーグが海外で開催される予定とのニュースがあり、F1にはスポンサーシップで影響が出る可能性。
ではF1はどうすべきか、サッカーよりも商業的に魅力的であればいい、そのためには視聴率の増加が必要。
視聴率を増加させるにはどうすればいいか、多くの潜在視聴者のいる国でF1を根付かせればいい。
ただ、現在人口トップ10のうちF1開催が存在するのは3カ国(インド開催と、アメリカの復帰があれば5ヶ国に)。
ロシアは常に話題が出ますが、インドネシア、パキスタン、バングラデシュ、ナイジェリアはF1開催地として名前が出たことは皆無。
トップ20になると、ドイツ、トルコ、フランスが入るものの(時たま開催計画話が出るメキシコは11位)、フィリピン、ベトナム、エチオピア、エジプト、イラン、タイは皆無。
人口と共に大事なのは、豊かな国での開催かどうか。
豊かな国トップ10のうちすでに9カ国でF1は開催されていて、開催されていないのは世界最大市場であるアメリカ。
トップ20となると、3つの国でしか開催は行われていません(ロシア、韓国、インド、メキシコで開催が始まればその分増加)。
人口と冨のバランスはどう取ればいいか難しいものの、F1が目を向けて問題ない・当然なのはインド、ロシア、メキシコ。
そして、現開催地で最も弱いのはフランスとイギリス(冨のランクでは5,6位)。
英仏2ヵ国は、冨の面ではUAE(38位)、マレーシア(39位)、シンガポール(44位)、ハンガリー(50位)、バーレーン(96位)よりも上位ではあります。

人口ランキングを見たら、いろんな驚きみたいなものが。
そして、社会の時間に授業聞かず資料集ばかり見てたのをなんだか思い出した(笑)
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/where%20should%20f1%20races%20be%20held-
忍者ブログ[PR]