忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1Who are the new F1 teams and are they serious?

[PR]

2019-11-13-Wed 09:58:26 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Who are the new F1 teams and are they serious?

2009-05-19-Tue 22:35:39 │EDIT
Who are the new F1 teams and are they serious? [GrandPrix.com]

どこが2010年F1新規参戦に興味を示していて、どの程度真実味があるか。
・USF1→2010年向けに6000万ドルの予算があるのは明確だが、それ以上のことは噂レベル
・A.アガッグ→カタールの不動産会社バルワからの支援があるかも。GP2チームを運営しているが、GP2はダラーラ製マシンを使用するワンメイクのため製造能力がチームにはない
・ローラ、プロドライブ→両社の組み合わせでの参戦の話も。ローラは必要な施設・人員があり、設計をしているとするが、お金のあるなしに関わらずキャップ額変更で再評価を実施、キャップが無ければやっていけないとの見方。両社の組み合わせは、アストンマーチンのスポーツカーで両社が物別れになったことから疑問あり。プロドライブ単独は、F1の安定性で懸念、ただ中東での資金探しを行い、今も交渉している模様
・レーシングエンジニアリング→パートナーシップ先の資金力には疑問があるものの、オーナーのアルフォンソがレプソルやテレフォニカとのつながりを持っていて侮れない。ヘレス拠点のチームは、レース車両向けのパーツ設計・製造もしている。ただ、不況のスペインにあって、資金探しは難しい
・イプシロンエスカディ→J.ヴィジャデルプラットがエントリーを考慮中。最近テクノロジーセンターを開設。ルマンスポーツカーの設計・製造をしている。人材も正しく問題はない。風洞もあるが、問題はやはりお金。USF1との協業の話も。
・T.モンテイロ→GP2でオーシャンレーシング運営。元々はE.スカラブローニのBCN、F1への希望がありながらお金がない。F1開催を目指すアルガルベ-ポルトガル-モンテイロ繋がりにはなるが、十分なお金になるかどうか
・iSport→デンマークの新聞グループからの支援があるという話も
・スーパーアグリとA1GPアイルランドチーム→ありえない
・ペンスキー、AGR→B.エクレストンが憶測を呼ぶ発言で浮上。どちらもIRLの再建や他の北米カテゴリーがあり、F1への動機はなさそう
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/who%20are%20the%20new%20f1%20teams%20and%20are%20they%20serious-
忍者ブログ[PR]