忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1Who should drive for Toro Rosso?

[PR]

2019-08-19-Mon 07:24:58 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Who should drive for Toro Rosso?

2008-11-12-Wed 19:56:14 │EDIT
Who should drive for Toro Rosso? [GrandPrix.com]

誰が来年トロロッソをドライブするのか。
来週バルセロナでテストをするのはS.ブルデー、S.ブエミ、佐藤琢磨の3人、おそらくこのテストで起用ドライバーが決まるものと思われます。
チームは今年、2人のF1経験の少ないドライバーで苦労しています。
論理的にはブルデーの継続起用が賢明な策で、今年ルノーで苦労したN.ピケJr.も1年で能力を証明するには不十分であるために来年も残留します。
ブルデーは来年かなり良くなるはずで、この情勢の中で彼を放出するのは、資金に窮している場合でなければ意味のあることではありません。
ブエミについては、F1での能力がいいのか悪いのかはまだ不明なものの、レッドブル育成ドライバーで順々にF1まで上がってくる中の次のドライバーであり、話は分かります。
B.セナについては、ブエミとほぼ同様の状況ですが、彼には資金獲得を助ける名前があります。
佐藤琢磨にはF1経験が豊富ですが、彼は多くの機会を得ながら一度としてそれを本当の成功に変えたことがありません。
F1経験を念頭に置くなら、フェラーリとの繋がりがありGPウィナーでもあるR.バリチェロに行くのが論理的となりそうです。
元レッドブル・トロロッソのドライバーで、現在フォースインディアテストドライバーのV.リウッツィは、経験があり速さもあります。
チーム内でベッテルと同等に戦っていて昨年よりもベッテルとの継続起用をした方が賢明であったかもしれないのに、理解するには難しい理由でトロロッソ幹部は悪を除こうとして善も失っています。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/who%20should%20drive%20for%20toro%20rosso-
忍者ブログ[PR]