忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2017.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOMEF1World Motor Sport Council - Decisions

World Motor Sport Council - Decisions

2009-03-17-Tue 22:43:11 │EDIT
World Motor Sport Council - Decisions [FIA]

今日の世界モータースポーツ評議会決定。
【ポイント制度】
FOMからの提案を受け入れ、ドライバーズランキングは「シーズンで優勝の最も多いドライバーがチャンピオン」「同数勝利の場合は、現行の10-8-6-5-3-2-1p制に基づくポイントの多いドライバーがチャンピオン」で決する。
2位から残りの順位は、現行ポイント制度で順位を決する。
1・2・3位へのメダル贈呈はない。
コンストラクターズチャンピオンシップは変更なく影響を受けない。
なお、FOTA提案の12-9-7-5-4-3-2-1p制は却下された。

【テスト】
チームは最終戦から12月31日までの間、1日間の若手ドライバーテストを3度行うことが出来る。
若手ドライバーは、過去2年で2戦のGP出場をしていない、または過去2年で4日間以上F1マシンに乗車していない者。
また、2009年1月1日から最終戦までの間、1日×8回の直線または一定範囲面積内での空力テストが実行できる。

【メディア】
各GPの予選後、各マシンの重量を発表する。
タイヤについて、ウェットがインターミディエイトに、エクストリームウェザーがウェットに呼称変更。
プラクティス初日、全てのドライバーがピットレーンの指定された場所で自筆サインを行える状況になければならない。
予選で脱落した全てのドライバーは各セッション後、すぐにメディアへのインタビューに応じられるようにしなければならない。
レース終了前にリタイアした全てのドライバーは、帰る前にインタビューに応じられるようにしなければならない。
トップ3外でフィニッシュした全てのドライバーは、レースが終わってすぐにインタビューに応じられるようにしなければならない。
レースの間、全てのチームは少なくとも一人の広報担当を公式に決められたテレビクルーによるインタビューに応じられるようにしなければならない。
多くの2009年技術規則変更が受け入れられ、これは間もなくfia.comで利用可能になる。

【予算】
2012年まで安定した状態を保つための現行規則の下で実行される代替手段として、全てのチームは厳重なコストキャップ内でマシンを製造し運営する選択肢をもつことになる。
コストキャップは3000万ポンド(現在で約3300万ユーロ、約4200万ドル)。
これは全ての種類の全ての費用がカバーされる。
すべての助成金・無償での提供も、完全価格がコストとしてかかったと見做し、厳重な監査手順が適用される。
コストキャップを選択せず、これに縛られないチームのクルマと争うことを可能にするため、コストキャップマシンはより大きな技術的自由度が与えられる。
その技術的自由は以下の通り。
・より空力効果のある(ただし標準)アンダーボディ
・可動ウィング
・回転数制限や開発凍結のないエンジン
FIAは、コストキャップマシンが現行規則マシンと比べ、有利にも不利にもならないようにするため、自由度の調整を行う権利を有する。
2010年のコストキャップに関しては、Q&Aで。
ホンダレーシングF1チームがブラウンGPフォーミュラワンチームに、WMSCはこの要求を受け入れた。
チームがFIAと交わした契約では「ホンダ」として走ることになっていたが、彼らがその立場で走ることはもはやない。
しかしながら、新しいエントリーで走るための標準料金は必要ではない。

こうして見てみると、メルセデスエンジンの3チーム供給に関する承認に触れられてないなぁ。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

【F12009】年間チャンピオンは最多勝ドライバー
世界モータースポーツ協議会(WMSC)がパリの本部で会合を開き、F1の商業件を持つバーニー・エクレストンが提唱したF1チャンピオン決定ルール変更について話し合いを行いました。その結果、F1チャンピオンはその年の最多勝ドライバーとの決定がなされました。ただし、同時に提案されていたメダルの授与は却下された模様です。 年間順位、コンストラクター順位などは従来と同様にポイント制となりますし、勝利数が同じドライバーが複数いた場合は獲得ポイントによってタイトルが決定するため、常に上位を獲得する一貫性は今後も変わらず...
【本音トーク】 EVOLUTION 2009-03-18-Wed 08:20:25
F1 2009年のポイントシステム
以前噂されていたメダル制にこそならなかったものの、2009年のF1ポイントシステムが微妙に変更されることになりました。 1〜8位までに「10-8-6-5-4-3-2-1」のポイントが付与される現行システムは変更しないものの、ドライバーズチャンピオンについては「最多優勝者」になる....
VAIOちゃんのよもやまブログ2009-03-18-Wed 13:00:05
PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/world%20motor%20sport%20council%20-%20decisions%20_9477
忍者ブログ[PR]