忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2020.07┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1Alonso 'free to sign for any team'

[PR]

2020-07-13-Mon 11:36:53 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Alonso 'free to sign for any team'

2007-11-03-Sat 00:38:57 │EDIT
Alonso 'free to sign for any team' [autosport.com]

アロンソのマネージャーL.ガルシア・アバッドは、アロンソが来年についてどこのチームと契約するのも自由だと話しています。
去年まで所属したルノーは、アロンソ獲得に興味を示すものの、アロンソ自身の発言から第一候補ではなさそうです。
トヨタは、資金力はあるものの、2002年のF1参戦以来まだ1勝もしておらず、選手権制覇への挑戦もできていません。
フェラーリは、最も魅力的ですがライコネンとは09年末まで、マッサとは10年末までの契約をしています。
L.モンテゼモロ、M.シューマッハともにアロンソをドライバーとして賞賛していますが、フェラーリ入りはないとしています。
BMWザウバーも(マクラーレンが除外され)選手権2位で可能性は秘めていますが、ハイドフェルド・クビカでラインナップ決定済み。
ルノーエンジン、A.ニューエイのレッドブルは、D.マテシッツによる資金力豊富で野心もあります。
2009年から広く選択肢を取りたいアロンソが短期在籍先として交渉がありました。
ウェバーとクルサードも08年の契約をもっていますが、ウェバーはブリアトーレマネジメント。
コヴァライネンがマクラーレンに行くとも言われます。
ウィリアムズは、元チャンピオンチームで今年はレッドブルを上回っていて、ニコがマクラーレンに行くならと言及されています。
しかし、ウィリアムズは2004年以来勝利はなく、アロンソを獲得するには限りある資源をさらに削らなければなりません。

だいたいどこも同じような見立てだけど、決定的な要素というのが各チームないって感じでしょうか。
どこも同じようならルノーというのが無難かなぁ、あとは人材&資金力豊富レッドブル。
ブリアトーレから離れてまた戻るとなる(レッドブルの場合もエンジンがルノーである意味同じ?)と、もう離れられなくなりそうですが。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

マクラーレン アロンソとの契約を解除
F1 RACING 2007 11月情報号 (2007) (SAN-EI MOOK) 最近は、イギリスのメディアが一変し残留説に傾き、スペインのメディアがまもなく離脱を発表など情報が錯綜した1週間でしたが、静かに前触れ無く、ロンの公約通り「2週間以内の解決」が示されました。 トレードなどは....
レーシングニュース2007-11-03-Sat 03:26:16
PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/alonso%20-free%20to%20sign%20for%20any%20team-%20
忍者ブログ[PR]