忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.08┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME[PR]F1Analysis: Alonso key to drivers market

[PR]

2019-08-24-Sat 12:38:15 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Analysis: Alonso key to drivers market

2007-10-23-Tue 13:45:46 │EDIT
Analysis: Alonso key to drivers market [autosport.com]

アロンソが08年各チームのドライバーラインナップ決定の鍵。
アロンソは契約があるが、マクラーレンに残留することはなさそう。
となると、筆頭候補はルノーになりますが、本人の発言によると第一候補ではなさそう。
パフォーマンスで言えば、マクラーレンの代わりになるのはフェラーリかBMWザウバー。
しかし、両チームは08年ラインナップを決定済み。
そこで出てくるのはトヨタですが、資金量は豊富なものの、肝心のパフォーマンスが不足。
ルノーはフィジケラの残留はなさそうで、アロンソが来ないならばコヴァライネン・ピケJr.。
トヨタはトゥルーリのチームメイトにGP2チャンピオンでBMWザウバーのテストドライバーT.グロックを充てる模様。
ハミルトンはマクラーレン残留が確実なので、誰がアロンソの後任になるのかが大きな問題に。
明らかな候補はロズベルグ、父は元マクラーレンドライバーのケケ、しかしウィリアムズが放出・売却をしないことを明言中。
別の可能性としては、コヴァライネンとアロンソのトレード。
マクラーレンではフィンランド人の成功例があります。
ウィリアムズは、ブルツ引退で少なくとも一人は経験あるドライバーが欲しいところ。
ただ、選択肢にはデビューレースをうまくやった中嶋一貴が含まれています。
トロロッソからS.ブルデー加入によって追い出される形のリウッツィも候補。
こうなると、来年もF1残留と発言するラルフの行き場所がどこになるかがハッキリしてきません。
スパイカー(フォースインディアに改称予定)は、マルヤが資金量豊富といっても高いお金を払いたくはないはず。

なんだ、結論もなければ予想さえもないのかよ(笑)
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/analysis-%20alonso%20key%20to%20drivers%20market%20
忍者ブログ[PR]