忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1No room for Alonso - Todt

[PR]

2019-11-22-Fri 20:33:00 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No room for Alonso - Todt

2007-09-30-Sun 17:52:17 │EDIT
No room for Alonso - Todt [UpdateF1]

フェラーリ移籍が噂されるアロンソですが、フェラーリのJ.トッドはアロンソの入る場所がないとしています。
2008年にはライコネンとマッサ、2人の契約があると話します。
「我々は契約を尊重する。」
「アロンソは偉大なドライバーで、ドライバーとして多大な尊敬をしている。しかし、我々は現在契約中のドライバーに満足している。」
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
混乱の種!
トラブルメーカーをわざわざ入れる必要も
ないね。
折角上手くいってるし、ドライバーとしても
遜色ない2人。アロンソいらないよね。
Taros2007-10-03-Wed 16:34:36EDIT
Re:混乱の種!
フェラーリはもう元々、トッド派(マッサ)とルカ派(ライコネン)でごたごた中ですからね。
ルカ派が一掃されるなら、マッサと同じラテン系のアロンソは問題ないんですが(ヨーロッパGP表彰式前みたいに一時的に熱くなっても、その後すぐにシーズン後のチャリティカート大会に招待できる・されるように冷めやすいですから)。

まぁ、ルカ派が一掃されることはなさそうで、むしろトッド派が一掃されそうな最近のニュース雰囲気ですが、そうなってもテストやフィードバック、モチベーション向上に手腕を発揮しているとは言えない(けど速い、と言われている)ライコネンに、真逆である程度速く走れるアロンソが組み合わさるのはいいかもしれません。
ブリアトーレが言うような「No.1ドライバーを二人そろえてどうするんだ」ということにはなりますが、今季もマッサを故意が偶然かイタリアでリタイアさせなければジョイントNo.1は続いてたわけですから・・・
kyobito│2007-10-04-Thu 14:28
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/no%20room%20for%20alonso%20-%20todt
忍者ブログ[PR]