忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2017.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1Toyota has no intention of returning to ‘elitist' Formula One

[PR]

2017-06-29-Thu 12:43:02 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Toyota has no intention of returning to ‘elitist' Formula One

2010-05-18-Tue 23:11:42 │EDIT
Toyota has no intention of returning to ‘elitist' Formula One [autoweek]

昨年限りでF1から撤退したトヨタ、前F1チーム代表の山科忠はF1がトヨタの顧客ベースに合わないため復帰する意思は全くないとしています。
新しい優先事項は、米NASCAR、独ニュルブルクリンク24時間といったファンに近い草の根的なものになっているとします。
また、経済危機はすでに動きのあった出来事を早めただけであるとし、「あれほど突然ではなかったかもしれないが、そのうち起こることだっただろう。」と話しています。
「豊田社長のモータースポーツへの姿勢は、さらに顧客の方向へと向かっていく。」
「F1とトヨタの実際の顧客の間には大きな隔たりがある。」
F1がモータースポーツの頂点であることに変わりはないとしながらも、あまりにイメージが「エリート主義」になりすぎたと話します。
ニュルブルクリンクでのレースでは、ファンはピットレーンに入り、チームに交わりマシンに触れることもでき、雰囲気に浸り、イベントの一部であることを実感できるとしています。
一方でF1では、普通のファンがパドックをそぞろ歩く望みは全くないと考えています。

あー、ホンダに続いてトヨタもF1と完全決別的な発言をしちゃって・・・
まぁ、ホンダは社長が変わって発言が二転三転な感じで、どうとでも取れるところはあるけども。
「参戦する意義はもうない」と言い切ったF1を子会社サーキットで開催したりしてるし。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/toyota%20has%20no%20intention%20of%20returning%20to%20%E2%80%98elitist-%20formula%20one
忍者ブログ[PR]