忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2017.06┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1Media, pundits divided over Schumacher penalty

[PR]

2017-06-29-Thu 12:43:13 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Media, pundits divided over Schumacher penalty

2010-05-18-Tue 17:52:47 │EDIT
Media, pundits divided over Schumacher penalty [Motorsport.com]

F1メディアや専門家、モナコGP最終周でのミハエルによるアロンソ追い抜きに関して意見が分かれています。
スチュワードは、「SC先導でレース終了の際は、最後にSCがピットレーンに退避、各車そのままの順位を保ってチェッカーを受けなければならない」としてミハエルにペナルティを科しています。
しかし、実際に「トラッククリア」とモニター表示され、フラッグもレース再開のグリーンが振られ、グリーンシグナルが点灯。
元F1ドライバーM.ズラーは、「グリーンフラッグだったから、スチュワードがミスをしたと考える。」と独通信社に話します。
伊メディアはミハエルにそれほど同情的ではなく、トゥットスポルト紙は「彼は規則を知るべきだ。」と書いています。
エプシロン・エウスカディのJ.ヴィジャデルプラットは、ミハエルは「とんでもないミスをした。」とエルパイス紙に書いていますが、ドイツ人元F1ドライバーC.ダナーは「ミスはグリーンフラッグを振ったFIAの方だ。」と話しています。
抜かれたアロンソは、あの時「すぐに(ミハエルがペナルティを受けると)確信した」と発言、「それが彼を前に活かせた理由だ。」としています。
他には、ブエミがチームからポジションキープを命じられたことをスイス紙に話しています。
「チームがリウッツィを攻めないよう言ってきた時には、グリーンフラッグが振られていたから驚いたよ!」

あの時のアロンソの動きって、必死にポジション守ろうとして後ろ振ってたように見えた・・・
まぁ、実況解説が「SCラインからフィニッシュラインまでの短距離レース」で煽ってたってのもあるんだけど。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/media-%20pundits%20divided%20over%20schumacher%20penalty
忍者ブログ[PR]