忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2017.04┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1World Motor Sport Council

[PR]

2017-04-27-Thu 04:31:47 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

World Motor Sport Council

2009-04-30-Thu 20:33:25 │EDIT
World Motor Sport Council [FIA]

昨日発表された「ライゲート」マクラーレンへの判断以外の世界モータースポーツ評議会の発表。

・2010年のF1世界選手権に参戦する申請は、5月22-29日の間に受け付け
・その際、コストキャップ下で戦うかどうかを表明する必要あり
・選手権に参戦できる最大台数は26台、チームとしては2チームの増加
・FIAは6月12日に受け入れられたチームとドライバーを発表

【コストキャップ】
・2010年から全てのチームには、コストキャップ内でマシンを製造・チームを運営し戦っていく選択肢が用意される
・このコストキャップは以下に挙げる例を除き、4000万ポンド内に収めなければならない
1.レース、テスト、若手ドライバーにかかる費用
2.FIAによる罰金やペナルティ
3.エンジンコスト(2010年向けのみ)
以上を算定する会計年度は、1月1日から12月31日
・コスト委員会が監視のために新規設立。委員任期は3年、WMSCの任命による委員長と委員2人
・1人の委員は財務専門家で、もう1人はモータースポーツやスポーツ統括の経験豊富で、委員会は全チームから独立したものである必要あり
・トップ10チームになされる支払いに加え、FOMは新チームへの支払いにも同意
・新チームは「コンストラクター」であることを示す必要があり、施設や財源、技術能力を示すことになる
・コストキャップを選択したチームに与えられる技術的自由は以下の通り
1.前後の可動ウィング
2.回転数制限のないエンジン
また、オフシーズンでの制限のないコース上テスト、スケールと速度制限のない風洞テスト

【全チーム向け】
・2010年からレース中の給油禁止
・タイヤブランケットの禁止、他のタイヤ加熱装置禁止も継続
・2010年の運営、技術規則は間もなくfia.comで利用可能に

以上はF1、以下F2に関して。
・以前の同意では各レースにポイントが付与されるものだったが、ドライバーは2レース分を成績から除くことになるかもしれない
・これは選手権開催準備のための時間が短かったことで、初年度の信頼性問題の影響を抑えるため
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/world%20motor%20sport%20council%20_9863
忍者ブログ[PR]