忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2019.09┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
最新記事
HOME[PR]F1Todt coy over future at Ferrari

[PR]

2019-09-16-Mon 06:15:10 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Todt coy over future at Ferrari

2007-10-25-Thu 00:01:26 │EDIT
Todt coy over future at Ferrari [Grand Prix Magazine]

J.トッドは、自身のフェラーリF1における立場の将来を明確にしようとしません。
根強い噂は、モンテゼモロとの意見対立で袂を分かつというもの。
さらにトッドの息子ニコラスがマネジメントするマッサを犠牲にしてでも、モンテゼモロはアロンソとR.ブラウン体制を欲していると言われています。
「フェラーリにおける大きな変化があっても、フェラーリは素晴らしいパフォーマンスを保持していて、非常に団結していて、雰囲気もとてもいい。それは我々が望んだことであり、私がいるいないに関わらずそれが我々が成し遂げたかったことだ。」
また、長期的な彼のこれからについて取り掛かる「適切な時」ではまだないとしています。
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
何で?
ルカ・モンテツェモロはマッサに満足みたいだけど…
Taros2007-10-25-Thu 14:52:57EDIT
Re:何で?
そういうコメント出してますね。

ルカ派vsトッド派ってのは、実際目に見えないんであるのかないのかよくわかんないです。
夏くらいから出始めたんだったかなぁ、確か。
一方、マクラーレンは分かりやすいんですが(苦笑)
kyobito│2007-10-25-Thu 23:49
来期もトッドでお願い
ジャン・トッドは細木の占いでは
この3年間大殺界で苦しい戦いだったけど
来年から運気良くなるので変えるのは
余りに短慮だと思う。
それとルカ派VSトッド派とかありえない
フィアットの会長とその子会社のF1チームの監督とがVSなんてナンセンス…
ルカのやりたいように進むだけ。
読売巨人軍の渡辺会長みたいなもんだよ
Taros2007-10-29-Mon 23:52:13EDIT
Re:来期もトッドでお願い
モンテゼモロはF1チーム代表で成功収めてますからねぇ、70年代後半辺りに。
いろいろ言いたいことはあるかもしれません。

トッドがまだ曖昧な感じはするものの、フェラーリにはR.ブラウンもいるわけで、クリスマス前の体制発表がどうなるか気になります。
トッドが社内で昇格&F1引退せず現職残留となると、キャリアアップなり違う立場でやりたいとするブラウンの行き場所が無くなって、ホンダに本当に移籍するかもしれません。
今年を見るに、ブラウンなしでもやれるようなので、フェラーリはもはやそこを気にしないかもしれませんけど。
kyobito│2007-10-30-Tue 00:24
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/f1/todt%20coy%20over%20future%20at%20ferrari%20
忍者ブログ[PR]