忍者ブログ

「F1」「テレビ」「ケータイ」について、思うところを書いています。 とは言いつつ、もう95%は海外サイト発信の最新F1ニュースを取り上げているだけになってます。

2017.07┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
最新記事
HOME前項現在のページ次項
2017-07-27-Thu 23:22:12 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-05-03-Mon 17:38:57 │EDIT
Grosjean not happy with new Silverstone layout [Motorsport.com]

前ルノーのR.グロジャン、シルバーストンの新レイアウトでレースをした後、あまり積極的な評価をしていません。
昨年後半にピケJr.から代わってF1レギュラーとなったグロジャン、今季の契約継続はならず、FIA GT選手権のGT1クラスで走っています。
「特別なものは何もない。」と新レイアウトについてグロジャンは話します。
「我々はブリッジと非常に良かった複合部分を失った。新しい部分で得ることは多くない。」
「アビーはシングルシーターカーでは全開で、F1では非常に速く走り抜けるだろう。どんな追い越しの機会も与えないと思う。だからそれはちょっと残念だ。」
ただ、元F1セーフティカードライバーでGT1で走るOliver Gavenは、「サーキットはいい流れがあると思うし、満足だ。」としています。
BBC解説者のM.ブランドルも追い越し促進には疑問、J.ハーバートは「アリーナ」が追い越しポイントを一つ加えたと考えています。
PR
2010-05-03-Mon 17:28:20 │EDIT
Alonso would repeat 'risky' Massa passing move [Motorsport.com]

M.ウェバー、中国GPピットレーン入り口でのアロンソによるマッサ抜きは危険だったとしています。
「チームメイトに対して非常に厳しく対峙し、公正ではあるが、非常に危険でご都合主義だった。」
「彼らはタイヤ交換が必要だったから、チームは混乱したかもしれない。私はピットレーン入り口でああいった危険はおかしたくない。」
「結局フェルナンドにとっては問題が無く、彼はそれをうまくやった。」
一方アロンソは未だにこの件が記事になることについて、「明確なことは、レースから2週間経って、そのような重要ではないことについて延々話し続けることはできないということだ。だから私はそれについて答えるつもりはない。」としています。
2010-05-03-Mon 17:15:08 │EDIT
Klien eyes F1 return with new manager [Motorsport.com]

C.クリエン、新しいマネージャーと動き始めています。
クリエンはF1キャリア48戦、ホンダ、BMWザウバーでテストドライバーを務め、今年のルマンではプジョーのリザーブドライバーとなっています。
従来父親にマネジメントされていましたが、新マネージャーはRummenigge Sport Marketing社の28歳のドイツ人Roman Rummeniggeに変わっています。
HRTの金曜ドライバーに起用される可能性がクリエンにはありましたが、HRTは山本左近と契約を交わしています。
2010-04-30-Fri 03:42:06 │EDIT
Villeneuve ne savait rien… [TomorrowF1News.com]

J.ヴィルヌーブ、シーズンオフの間の噂を一部訂正しながらも認めています。
ステファンGPからの参戦間近でケルンのファクトリーにシート合わせに出向いたことを認めていますが、チーム代表のZ.ステファノビッチと会った事はないとしています。
「私は決してステファノビッチと会ってはいない。間に入った人によって事が進められた。」
また、2011年向けの新プロジェクトに自分は向かっていないとし、「私は2011年のステファンGPの計画について何も知らない。インターネットのおかげでいくつかのことは知っているが、それ以上は知らない。私はその仕事の中にはいない。」と話します。

ステファンGPの新HP内、2010年向けに交渉・考慮したドライバー一覧、「本気で起用考えてた人」と「とりあえずの人」で説明文のやる気が違いすぎて笑える。
2010-04-30-Fri 03:12:09 │EDIT
Scuderia Ferrari and Philip Morris International Sponsorship [Ferrari.com]

フェラーリからタバコ広告についてのリリース。

ここ数週間、フェラーリとフィリップモリスのパートナーシップ契約に関して、合法性を問う報道がなされている。
これらの報道は2つの仮定に基づいている。
ひとつは、F1マシンにある図柄の一部分はマルボロロゴを思わせるものであるとのこと。
もうひとつは、伝統的な我々のクルマの色である赤がタバコ広告の一つであるとのことだ。
これらの議論にどんな科学的根拠も存在せず、今まで一度も科学誌に掲載されたことの無いいくつかの研究に拠っている。
しかし、さらに重要なことは、彼らが真実に対して向き合っていないということだ。
いわゆるバーコードは、スクーデリアによって調整された全てのイメージのマシンカラーリングの切っては切れない部分で、毎年もしくはシーズン中でさえ変更が行われることからもそれが分かるはずだ。
もしこれがブランド広告であれば、フィリップモリスは法的な著作権を持っていなければならないだろう。
フェラーリとフィリップモリスの間のパートナーシップは今、一定のイニシアチブの下で利用されるだけで、例えばそれはファクトリー訪問、ドライバーとのミーティング、商品、その国々の法律内での活動だ。
2007年以降レースマシンにロゴは掲出されておらず、その国の法律で許されていてもロゴ掲出はしていなかった。
単に赤いフェラーリを見ることが、普通にタバコ広告をするよりも効果的であるという話は信じることが出来ない。
赤は、20世紀初めのモータースポーツの創成期からイタリアのマシンの認識された色であると指摘されるべきだ。
もしすぐに連想がなされるとするならば、それは我々のパートナーと言うよりもむしろ我々のことだ。

バーコードは年によって(もしくはシーズン内でも)変更がなされる→バーコードはどこか他の権利物ではない→フィリップモリスのものではない→タバコ広告ではない、とはもうすでに指摘されることを前提に用意してたのかね。
しかし、バーコードって変わってたのね。
2010-04-30-Fri 00:19:04 │EDIT
Pirelli to make tyre offer to F1 teams [Yahoo! SPORT]

ピレリ、木曜日に来年のF1全チームへタイヤを供給することを申し出るとしています。
他に来年のタイヤ供給で名前が挙がるのは、ミシュランやエイボン、クーパーなど。
声明で、「ピレリは、F1世界選手権全てのチームへタイヤを供給する申し出、プレゼンテーションを行うことを発表する。」としています。
「このプレゼンは、5月9日のスペインGP前に行う予定だ。」
広報は、これ以上の明らかに出来る詳細は無いとしています。
ピレリは先週、ある条件が満たさなければならないとしていて、それは供給価格への貢献、タイヤサイズの13インチ(33.02cm)から18インチ(45.72cm)への拡大を含んでいます。

ミシュランもそんなこと言ってたし、18インチへの拡大はもうほぼ決まったも同然ってところか。
2010-04-29-Thu 22:31:04 │EDIT
New Silverstone corners named [Motorsport.com]


シルバーストンの新たなF1コースレイアウトを形作るコーナーに名前が付けられています。
木曜日、MotoGPだけでなくF1にも使用される部分がオープン。
この新しい部分には、ビレッジ、ザループ、ウェリントンストレート、エイントリーと名づけられています。
アリーナ部分のオープンには、C.ホーナー、ウェバー、D.クルサード、N.フライが出席。
BRDC会長のD.ヒルは、新セクションが「より良い光景、すばらしい可能性、より多くのチャレンジ」を提供すると話しています。
新しいピットとパドック施設などは、2011年に変更が予定されています。
2010-04-29-Thu 22:21:08 │EDIT
Donington Park targets August re-opening [Crash.net]

F1イギリスGP開催の長期契約を結びながら実現できなかったドニントンパーク、8月にサーキットの再オープンを計画しています。
イギリススーパーバイク選手権とJ.パーマーのモータースポーツビジョンがサーキット買収をするといわれている中、オーナーのウィートクロフト家が再オープンを8月に設定していることを明らかに。
補修作業に必要となるコストと計画が現在検討されていて、K.ウィートクロフトは「現在、計画とサーキット周辺の損傷した部分の補修にかかる費用をまとめようとしているところだ。我々は2010年8月の間に必要なライセンスを得ていることを条件に、新しい改修されたサーキットの再オープンに自信がある。」としています。
2010-04-29-Thu 22:10:36 │EDIT
Peter Sauber hints at deeper team involvement [Motorsport.com]

P.ザウバー、再びチーム運営に深く関わる可能性をほのめかしています。
ザウバーはチームをBMWを売却した後一線を退きましたが、BMWの撤退でチームプリンシパルとしてチームを再び手にしたものの、ヒンウィルのファクトリーで日々の作業を行っているわけではありません。
オーストリア人女性のMonisha Kaltenbornを今年初めにマネージングディレクターとしていますが、ザウバーは新規参戦以外の既存チームで今季まだ1ポイントも獲得していない唯一のチームとなっています。
公式インタビューで、チームの苦境に「根深い理由」があると認めています。
そして、「私が2006年BMWにチームを売却した時に、退くという明確な決断をした。物事から一定の距離を空けておくのは自分にとって重要だった。今、私にはやるべきかなり多くのことがあると分かった。これの分析過程は進行中で、我々は近く結論を見ることになるだろう。」と話し提案す。
2010-04-29-Thu 21:48:14 │EDIT
BMW announces intention to contest 2012 DTM season [Motorsport.com]

昨年限りでF1を撤退したBMW、2012年からDTMに参戦する意向。
木曜日の声明で、BMWは役員会が2012年からのDTM参戦について投票をしたとしています。
役員のKlaus Draegerは、「F1に別れを告げた後、我々のルーツに戻り、この分野への参加拡大をすることは、一貫的なステップであると我々は考えている。」としています。
2010-04-29-Thu 19:01:46 │EDIT
Razia to make British F3 debut [autosport.com]

ヴァージンのテストドライバーL.ラジアが今週末、シルバーストンで英F3デビュー。
ラジアは21歳のブラジル人、南米F3チャンピオンで、GP2勝利もあるドライバー。
所属はチームウェストテックで、代表は「ルイスは我々と継続的にテストプログラムを続けたが、現時点では1戦限りのレース出場だ。彼は新しいシルバーストンのレイアウトを学ぶ機会を得ることになる。」と話しています。
「クルマは最近のテストで競争力があったため、ルイスもうまくやると考えている。うまく行けば、すぐに別のドライバーで見ていくつもりだ。」
他に、台湾のL.チェンやインドネシア人GP3ドライバー Rio Haryantoもデビューします。
またユーロF3から3台の招待車があり、ARTグランプリが加わります。
2010-04-29-Thu 16:14:43 │EDIT
Button 'best F1 driver in wet' - Villeneuve [Motorsport.com]

J.ヴィルヌーブ、元チームメイトのバトンが現在選手権1位になっていることについて満足していると話します。
2人は2003年にBARでチームメイト、関係は必ずしもいいものではありませんでしたが、ヴィルヌーブは以来バトンの才能への賞賛を示しています。
「ジェンソンは雨の中では常に速かったが、今その状態でベストだということが広く認識されるようになっている。」
「過去にはミハエルにもそういったことが言われたが、今はジェンソンが追い抜いたと外から見ている所では思っている。」
「チームを変えてもベストで居続けるのは、まぐれではありえない。私は彼に本当に満足している。」
復帰したミハエルについては、失望・期待はずれだとしています。
2010-04-29-Thu 16:04:11 │EDIT
2011 tyre solution by Spain 'unlikely' - Michael [Motorsport.com]

スペインGPで2011年向けタイヤ問題の解決はなされそうにありません。
先週、フェラーリのS.ドメニカリとマクラーレンのM.ウィットマーシュは、ブリヂストンが契約満了でタイヤ供給を終えた後の2011年以降について、スペインGPまでに解決するべきだと話していました。
しかし、FOTA会合を経てウィリアムズのS.マイケルが、スペインGPでの解決はなさそうだと明らかにしています。
各チーム、ミシュランの来年からの供給に原則合意したとされましたが、エイボンがB.エクレストンや小規模チームの支持を受けてより安価なタイヤを供給する考えを持っています。
他にも伊ピレリがF1復帰への興味を示しましたが、FOTA会合では専らミシュランとエイボンについて話し合われたようです。
「エイボンはミシュランよりかなり安いく、これまで多くの高品質なタイヤを作ってきたが、立証度合いはミシュランよりも劣る。」とマイケル。
「ミシュランはごく最近までF1に供給していたから、エイボンには未知の領域が大きい。ただ、コストでは著しい差がある。それは3倍くらいともされる。」
2010-04-29-Thu 04:13:19 │EDIT
Motor racing-Formula One teams offered cut-price KERS [Yahoo! SPORT]

昨年導入されたものの、今季は全チームの紳士協定で規則上は使用できるものの仕様を取りやめているKERS、来年はより安く、より強力なものとして復活するかもしれません。
水曜日に行われたFOTA会合の後、ウィリアムズのS.マイケルはフェラーリとルノーが安価なKERSを供給すると申し出たことを明らかにしています。
「基本的に両社は、100万ユーロを切る価格でKERSを供給するかもしれないと提案した。」
「それらは受け入れられたものの、両社は現規則の400キロジュールから600、800キロジュールに制限を緩和し、より利点のあるようにならなければ、現段階ではその価格での供給を約束は出来ないとしている。」
「ルノーはグリッド上で要請してきた全てに供給をするようで、フェラーリはフェラーリエンジンで走る全てに供給をするようだ。」
ウィリアムズは、78%を所有するフライホイール式の開発会社製を使用すると思われます。
2010-04-28-Wed 17:15:39 │EDIT
Teams work hard on refining own F-duct systems [Motorsport.com]

各チーム、F1ダクトの改良へ懸命に作業しています。
メルセデスGPのR.ブラウンは、スペインGPで完全なシステムを投入する準備ができるかもしれないとしています。
「バルセロナかイスタンブールに持ち込むシステムに取り組んでいる。モナコに持っていく意味は無い。」
フェラーリではアロンソが、「我々もF1ダクトに取り組んでいて、確認は出来ないもののバルセロナに向け、より進化を遂げるかもしれない。」と話しています。
また、ザウバーもバルセロナで新仕様のシステムを投入すると報じられています。
ウィリアムズはS.マイケルが、「適切に機能させるためには2,3ヶ月はかかるだろうと予想している。」と話しています。
2010-04-28-Wed 17:09:10 │EDIT
Raikkonen still not ruling out F1 return [Motorsport.com]

ライコネン、2011年F1復帰をまだ決めていないとしていますが、否定もしていません。
07年チャンピオンのライコネンは、今年からのアロンソフェラーリ加入に関連して契約を1年早く終了することに同意しチームを放出され、今年はWRCに参戦しています。
ラリートルコでは、優勝のローブから7分差で5位となっています。
最近の好結果で来年もWEC残留となるのかどうかを問われたライコネンは、「どんな決定もしていない。決断を急ぐことは無い。」としています。
「我々は、どんな可能性があるか、自分が最も興味があることは何かを見ることになる。」
「今年後半の何らかのポイントでそれを検討することになる。」

F1が嫌なら嫌でやめておくれ、やるならやるでハッキリしておくれ。
だら~とこういう発言を頻繁にやられるとうっとおしい、もちろん質問して記事にする人たちがいるわけだけど。
ピットストップ一生懸命やってもらえず、PP取っても喜んでもらえない、なーんかジリジリチームから外堀埋められてるっぽいウェバーがかわいそう過ぎる。
2010-04-28-Wed 17:00:23 │EDIT
More Hamilton breaches will be penalised - Alonso [Motorsport.com]

ハミルトンはドライビングをキッチリ修正しなければペナルティを受けることになる、とはアロンソの見方。
メディアイベントの場でアロンソは、ハミルトンはF1関係者から贔屓されているかどうかの質問を受けています。
マレーシアではハミルトンはペトロフとの争いの中でのウィービング行為に警告が出され、中国ではベッテルとのピットレーンでの争いで戒告処分となっています。
これに対しアロンソは、「いや、私はハミルトンが特権的な立場にあるとは思わない。」と答えています。
「真相はおそらく、判断が若干一貫していないということだろう。」
「ルイスには数々の警告がなされた。次のレースでもし何かをやれば、前2レースのことも考慮されペナルティを受けるだろう。」

ハミルトンは本当に問題(となった)行為と受けたペナルティの数の差が大きすぎる。
2010-04-28-Wed 16:51:09 │EDIT
Valencia GP future not in doubt - official [Motorsport.com]

スペインモタスポ連盟のC.グラシア、バレンシアでのヨーロッパGPに開催終了の懸念は無いとしています。
2回目の開催となった昨年、観客数が大幅に減少し、バレンシアが間もなくカレンダー落ちすると噂されていました。
開催契約は2014年までありますが、昨年のレースは目立った追い越しもなく、プロモーターも開催に熱心ではないと国内で噂されます。
グラシアは、「昨年はポジティブなものではなかったが、プロモーターは私に対し残りの契約期間を全うすることを話した。」とコメントしています。
2010-04-28-Wed 16:45:43 │EDIT
Spanish official eyes sponsors for beleaguered de la Rosa [Motorsport.com]

スペインのモタスポ連盟、デラロサの個人スポンサー獲得の助けをしています。
デラロサには、大スポンサーを持つと言われるP.マルドナドやL.フィリッピとの交代の噂が報じられています。
連盟会長のC.グラシアは、「今日、デラロサがチームでシーズンを終えないという兆候はない。ペドロの契約では、チームに資金を提供する必要は無いが、我々はスポンサー獲得のための作業を行っている。」としています。
2010-04-27-Tue 20:12:27 │EDIT
Mais où est Mike Coughlan? [auto123.com]

2011年F1参戦に向けた申請を行い、テクノロジーパークやF1規格サーキット建設を発表したステファンGPですが、2010年参戦を目指していた時に在籍していたM.コフランはチームを去ったようです。
公式HP再開の際に掲載された写真を以前掲載されていたものと比べると、Z.ステファノビッチがコフランの姿を隠すような形で修正が行われています。

離脱してるんじゃないのってのはHP再開してすぐ言われてたけど、「あ、そうなんだ」くらいだった。
ただこうやって写真を見比べると、グッとくるものがあるな。
PR
【F1関連】

【携帯・PDA関連】

【テレビ関連】
ブログ内検索
最新コメント
[11/01 an]
[10/30 え~]
[10/20 NONAME]
[06/09 一貴頑張れっ!]
[05/17 一貴頑張れっ!]
バーコード
RSS
アクセス解析
PR2

Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 F1とテレビとケータイと。 Some Rights Reserved.
http://kyobito.blog.shinobi.jp/Page/6/
忍者ブログ[PR]